bg-saochincha2.jpg

​人気食堂とお寺巡り

サオチンチャー周辺

Saochincha

“巨大ブランコ”
サオチンチャー周辺を歩く。

sanchao-sub.jpg

真っ赤な“巨大ブランコ”・サオチンチャーの周りには有名寺院や人気食堂が集まっていて、観光とグルメが手軽に楽しめるので、ちょっと時間のあるときの街歩きにおすすめ。ぶらっと出かけて、さらっと見物して、幸運を授かって、地元グルメを楽しんで。

《アクセス》MRT「Sam Yot」下車(出口③から徒歩7分ほど)

~周辺のみどころ~

最も危険なブランコ占い

サオチンチャー

Giant Swing

#1

swing.jpg

高さ21m、街のランドマークにもなっている赤い鳥居のような柱。昔は僧侶を乗せたブランコを吊り下げ、地面と平行になるまで漕ぐという超過激な宗教行事に使われた(死亡事故多発で後に中止)。

Dinso Rd.   *入場料なし

美しいスコータイの仏様

ワット・スタット

Wat Suthat

#2

suthat1.jpg
suthat2.jpg

タイ人から深く信仰されている寺院の一つ。四方をぐるりと囲む多数の仏像の列、礼拝堂内部・外部の見事なディテールなど、見るべきものが多い。もちろん一番の見所は、重厚な色彩の壁画をバックにどっしりと坐す金色の巨大仏。参拝客を見下ろすような穏やかな表情は、人々の心をゆったりと癒してくれるかのようだ。

Bamrung Muang Rd.    

時間 8:30-21:00 *入場料(外国人)100B

サンチャオ・ポー・スア

強運に喰らいつく“ご忠義タイガー”

#3

Chao Pho Suea Shrine

sanchao1-2.jpg
omamori.jpg

死んだ主人を火葬する炎の中に飛び込み、最期まで添い遂げたという忠義なトラの伝説で知られる中国寺。後にこの辺り一帯を襲った大火事では、ここだけ不思議と焼け残ったとさ!そんな霊験あらたかなパワースポットで、しかも今年は寅年とあって参拝客の過熱ぶりはMAX状態。エネルギーを充填できそうな場所だ。

Bunsiri Rd.    

時間 6:00-17:00 *入場料なし

~地元グルメスポット~

#1

カリカリあんかけ麺がウマい!

Rat Na Yot Phak 40 Years

ราดหน้ายอดผักสูตร 40 ปี

40year-1.jpg

40年の歴史を誇る老舗。カリカリの揚げバミー(卵麺)を使う焼きソバ系が自慢で、中でも看板メニューは海鮮あんかけ。熱々鍋のうまみあんと、どっさりの揚げ麺が別盛りで運ばれ、豪華でボリューミーで必食!店前でせっせと焼いているムーサテ(串焼きポーク)も人気のサイドメニューです。

◎・ミークロープ・ラートナー・タレー(海鮮あんかけ揚げ麺)90B

40year-2.jpg

バミークロープ・パッシーユー・ムー(揚げ麺の豚焼きそば) 65B 

40year-shop.jpg

Tanao Rd.  時間 : 8:00-21:00

#2

80年の鶏あんかけごはん

セープン・カオナーガイ(Sae Phun)

ร้านแซ่พุ้น ข้าวหน้าไก่ 80 ปี

saephun1.jpg

2019〜22年までミシュランに連続で選ばれている80年以上続く食堂。名物の「カオナーガイ(鶏あんかけご飯)」はクセがないやさしい味で、パクチーと唐辛子がアクセントに。クンチアン(中華ソーセージ)入り(85B)が一番人気。その他、ワンタン麺や煮豚ご飯など手軽な1皿メニューが揃う。

◎カオナーガイ(鶏あんかけご飯)60B +カイダーオ(目玉焼き)12B

saephun-shop.jpg

Mahannop Rd. 〈営業 〉8:00-14:00 ※水曜定休 

#3

ちょっと甘めの具だくさん麺

ターチャイ スコータイ

ตาชัย ก๋วยเตี๋ยวสุโขทัย

sukhothai noodle.jpg

焼豚、ひき肉、インゲン、ピーナッツ、ネギ、パクチーを、麺にからめながら食べる具だくさん麺「スコータイヌードル」。汁あり、汁なし、麺の種類が選べ、お店のご主人が注文ごとに丁寧につくってくれる。甘めのしっかりした味付けなので、何も加えすそのままで美味。昼時には近所の常連さんでいっぱいに。

sukhothai-shop.jpg

Soi Nawa 〈営業 〉6:00-14:00 ※日曜定休

#4

イェンタフォーといえばここ

ナイウワン・イェンタフォー・
サオチンチャー

นายอ้วนเย็นตาโฟ (เสาชิงช้า)

naiouan+.jpg

この店の赤スープ麺イェンタフォーは昔から有名。ミシュランに掲載されてからはその人気がますますUPで、ショッピングセンターのフードコートにも多数出店。イェンタフォーメニューの中でも「バテン(豚バラの醤油炊き)」入りが特に好評だそう。

naiouan-paai.jpg

  Soi Nawa   
〈営業 〉月-金 9:00-20:00 (土日~16:30)

#5

うどんみたいな太丸麺

カノムチーンハイラム・ゴールン

ขนมจีนไหหลำโกหลุน

hailam.jpg

バンコクでは珍しい「カノムチーン・ハイラム」の店。歯ごたえのある太麺が特徴。あっさりスープ(ナムサイ)タイプもあるが、より”らしさ”を味わい人は、汁なし(ナムコン)タイプがおすすめ。卓上のガピ(海老ミソ)を少量入れるとクセと辛みがUP!「ヤギ肉の煮込み」も人気メニュー。

◎カノムチーンハイラム(ナムコン)60B

hailam-shop.jpg

  Mahannop Rd.    
〈営業 〉7:00-15:00 ※月曜定休  

----

--------