isaan2.jpg

タイ料理BEST・
~これ食べたい時どこへ行く?~

"อาหารอีสาน"

イサーン料理

 

バンコクで美味しいイサーン料理を食べるならこんなお店♪

もち米・ソムタム・ガイヤーン。頭に浮かんだ瞬間、どーしても食べたくなるのが東北 (イサーン)料理。調理は炭火焼きや和え物が主流のスッキリ系な一方、素材には牛肉やホルモンなどがっつり系も多用。素朴でパワフルな魅力がいっぱいです。ビールとの相性も最高!

#1

NYで1つ星も獲りました!

Somtum Der

ソムタム・ダー

der-somtum.jpg

シーロムで生まれて、続く2号店がなんとニューヨーク。そこでミシュランの星も獲っちゃった、すごいソムタム屋。オーナーはここの他、“お家系本格タイ料理”レストラン「スパニガー」も手がけるやり手である。さて、ここは主役がソムタムというわけで、20種類以上ラインナップ。辛さは本場・東北ベーシックに合わせてあるので、例えばプラーラー(小魚の塩辛)入りソムタムなら普通でも唐辛子10粒入れるそう。もちろん好みの辛さで注文でき、「唐辛子ゼロ」もOKなので、辛いのNGな人もご心配なく。

Tum Pla Dook Foo 95++B(揚げナマズ乗せソムタム)...この店の看板メニュー。ポリッとした青パパイヤに、ふわふわサックリな揚げナマズのトッピングが絶妙。

der-gai.jpg

ソムタムの他、から揚げだの焼き肉だの、「ビール飲めよ」と言わんばかりのメニューが多数あり、値段も100バーツ前後と良心的。東北・田舎魂みなぎるこだわりの味を、ちょっとお洒落な雰囲気で楽しめます!

Der Style deep fried chicken thigh 85++B(Der特製 堅揚げフライドチキン)...自家製ペーストをしっかり揉みこんだ、濃い味・ガリッと堅揚げのチキンに、東北式激辛ジェオソース添え。NY店でも大人気のメニューだそう。

der-front.jpg

5/5  Saladaeng Rd., Silom

(BTSサラデーン駅より徒歩約5分。Soiサラデーン中ほど)

Tel: 02-632-4499   Open :11:00〜22:00

#2

めっちゃうまいカラ揚げならこの店

Polo Fried Chicken

ポロ・フライドチキン(ガイトート・チェキ)

polo-all.jpg

昔から「おいしいカラ揚げ」といえば真っ先に名前が挙がる「ポロ・チキン」。ソムタム、ラープなどを揃えた東北料理の店ですが、創業家は東北ではなく南タイ出身。なので、トリはガイヤーン(東北式焼き鳥)じゃなく南タイ式ガイトート(フライドチキン)。下味をしっかりもみ込み、衣をつけずに素揚げで2度揚げ。皮パリ・肉ギュギュッ、ドッサリふりかけた揚げ玉葱とニンニクが、香ばしさをMAXに引き出して…これはウマイ!! 外国人やツーリスト客が多いこともあってか、衛生面と食の安全にはかなり注意しているそう。例えばマナーオ(ライム)は必ずそのつど、生の果実を絞って調味。 メニューを見れば、ソムタム70Bから、ラープやナムトック80Bからと良心的。うまいカラ揚げ、辛い料理、ビール。ジャンジャンいきましょう。

polo-gai.jpg

Fried Chicken ハーフ130B (写真)/1羽260B...何といっても名物はこれ。味付け濃い目でパリッと素揚げ。香ばしいガーリック揚げもたっぷり添えて、ビールのお供にも最高。このままで十分おいしいが、甘・辛2種のソースが添えられる。

polo-shop.jpg

137/1-3,9-10 Soi Polo, Lumpini, Pathumwan

(BTSプルンチット駅からタクシー約5分・

Soi Polo(Soi Sanam Khli)入る)

TEL : 02-252-2252     Open:7:00-21:00

#3

ソムタムチャンピオンの店

Sud Jai Kai Yang Somtam 

スッチャイ・ガイヤーン・
ソムタム・オートーコー

sudchai-somtam.jpg

ソムタムと焼き鳥が自慢の、創業約50年の老舗イサーン食堂。女将のスッチャイさんは、1990年開催の全国ソムタム・コンテスト初代王者だ。良いものを知る市場の常連客が相手だけに、素材には余念なくこだわる。干し海老やキビ砂糖など、一つ一つの味の違いが絶品ソムタムを生むのだ。チャトチャック市場近くのオートーコー市場にあるので、買い物ついでにチャンピオンのソムタムを試してみては?

ソムタム・タイ 60B...歯ごたえも辛さも力強くて目が覚めそう。王者のソムタムは絶対に外せないメニュー。

sudchai-moo.jpg

コー・ムーヤーン120B...ほどよく脂がのった豚のど肉グリルは日本人が必ず頼むメニューの一つ。

sudchai-shop.jpg

Or Tor Kor Market, Kamphaeng Phet Rd.

(MRTカンペーンペット③番出口→オートーコー市場奥)Open ::火-日曜 8:00-18:00(月曜定休)

#4

地鶏ヤキトリがウマい!

Praram9 Kaiyang

プララームガオ・ガイヤーン〈ザ・マーケット店〉

rama91.jpg

「おお、これが地鶏のウマさか!」。ここのガイヤーン(焼き鳥)を食べた人はみんな、その違いを実感。ラマ9世通りでウマイ東北料理といえば、「ガイヤーン・プララームカオ」。ソムタムもラープもコームーヤーンも何でもイケる。近くにあったら嬉しい店の代表格だったはずなので、「ザ・マーケット」に支店ができたのはラッキー!自慢の焼き鳥は、極薄でクリスピーな皮と、ギュッと詰まってしかも柔らい肉が決め手。脂の少ない引き締まった地鶏だけを使用。下味を揉みこんでから、氷に浸してさらに引き締めるなどなど、何ステップにも及ぶ独自の下処理を経ます。焼き上げも、決まった温度を厳守しながら焼き過ぎに細心の注意を払うそう。他の料理もすべて妥協を許さないルールがあるそうです。「いつでどこでもうちだけの味」が出せる抜群の安定感、これぞプロ!

ガイヤーン(焼き鳥)185B...アジア通貨基金でピンチに陥ったオーナーが、この焼き鳥で奇跡の逆転ホームラン。生真面目なこだわりが、老若男女問わず愛される味を生み出している。

rama92.jpg

創業者のスメート氏は、かつてはビジネス界で活躍してきたやり手の事業主。バーツ大暴落で路上でヤキトリ屋をはじめてからも、一流の仕事をするという信念を変えず、「料理は見える部分だけキレイでも絶対にダメ」をモットーに、コツコツと今を築きました。辛くても安心して楽しめるここの料理は、家族にもおススメです。

ソムタム・カオポート(コーンのソムタム)75B...パパイヤではなくスイートコーンを使ったタイ女性に人気のソムタム。煎りピーナッツの代りに飴がけの“ピーナッツおこし”で、ポリッと感と甘味をプラスしてあるのが絶妙。

rama93.jpg

セントラルワールド向かい、ドンキもある「ザ・マーケット」3階にある。

The Market 3階・M1ゾーン(BTSチットロム駅下車)
Open :10:00-22:00

#5

焼き鳥もトムヤムクンも
何だって美味しい!

Madam Somtum

マダム・ソムタム

madam-somtam.jpg

BTSプルンチットからすぐのマハトゥンプラザ1階にあり、シーサケート県出身のオーナーが本場東北(イサーン)の味を届ける店。ソムタム、焼き鳥、コームーヤーンなどのイサーン全般に加え、トムヤムクンや焼き飯などもラインナップ。メニューは多くないのに、好きな料理がぜんぶ揃う!そして何を食べても美味しい! 2階建てのダイニングは、素朴タイ+モダンアートのなかなかハイセンスな内装。昼は周辺オフィスからOLさんが詰めかけ、夜は「現地の料理とワインで気軽に」と、居食屋っぽく利用する在住の外国人やツーリストが多いそう。「ここイイな~、また来よう」と、なる一軒だと思う。

2色コーンの東北式サラダ「タム・カオポート」80B...黄色くて甘いコーンと、もちもち歯ごたえの白いコーンの2色ソムタム。甘酸っぱくて辛くて、食感が面白くて大人気。

madam-gai.jpg

特製焼き鳥「ガイヤーン・マダム」60B...この色、美味しくないはずない!甘辛い特製のタレをしっかり染ませ、皮が極薄になるまでじっくり焼いてある。

madam-moo.jpg

豚のど肉グリル「コームーヤーン」80B...薄く脂身がついて絶妙に柔らか。表面が色づくまで炙ってあるのも良い。

madam-shop.jpg

オープンスペースで気軽ながら雰囲気はお洒落。

888/19 Phloen Chit Rd.
(BTSプルンチット駅④出口よりすぐ。マハトゥンプラザ内)
Tel:086-862-4552  Open:10:30-22:00