インターコンチネンタル・パタヤリゾート ~2日目~ 

Updated: Mar 10

1日のスタートは「ELEMENTS」の豪華なビュッフェ朝食

朝の光が清々しい屋外席!ホテル朝食の魅力はこれでしょう。


5つ星ホテルの朝食ビュッフェにふさわしく、バラエティも鮮度も文句なし。グルテンフリーのパンやマフィンも用意されてました。★尚、クラブカテゴリーの宿泊客は、朝食をルームサービスにすることもできます。


卵料理コーナーでは、基本の卵料理ひととおりと、エッグベネディクトまで目の前で作ってくれます。これは新登場メニューのカイカタ(鍋焼き卵)&古式ホットドッグ。タイ洋レトロな朝ごはんも楽しいですよねえ。


焼き立てサクサクのクロワッサンは、どうしたって取ってしまう。

「キッズコーナー」あったーっ!朝食会場の一画には、お菓子のデコレーション体験やぬり絵など、スタッフがお手伝いしてくれるお楽しみコーナーが設けてあります。パパママ思わずガッツポーズ。

うわートラちゃんパンケーキ。

 

効いた~!「AMBURAYA SPA」 で評判のタイ古式マッサージ

ホテルスパ。贅沢ですけど、この際!今ならプロモ中で半額以下のメニューもあります。設備はすべてカンペキ、サービスも洗練、やっぱり格段に良いです。オイルマッサージも自慢だそうですが、今回はタイ古式で。

<REWARD YOURSELFプロモーション>120分のスパトリートメント(タイ古式+オイルマッサージ)が1,990Net(通常5,179)など、スゴイ格安になるプロモーションを実施中です。(2022年3月現在)。


めちゃくちゃ丹念にグイグイ・伸ばし伸ばしされて、これはリラグゼーションじゃなく完全に「治療」。その効果は翌々日に現れました。ふと気づくと、頭から足の先まで、全身どっこもダルくない ! いつもどこかしら疲労している私(まぁ、この歳になると)は、タイ古式マッサージの真価を改めて知ったのでした。


カップルにはこういうのも

他にも、フラワーバス付きのロマンティック仕様の個室もあります。もちろん、おひとり様でもOKですよ。

 

ランチは青空の下、タイ料理。

オールデイダイニング「ELEMENTS」は、タイ料理はもちろん、ピザやパスタ、バーガーなど洋食メニューも豊富です。写真は手前から時計回りにパイナップル焼き飯、海鮮汁なしお粥&スープ、ヤムソムオー(たぶん丸ごと1個分くらい果肉が使ってあった!)、ヤム・パッククルッ(海藻みたいな食感の山菜)、カオソーイ。


濃厚マイルド、とろとろのカレースープがすごい贅沢な味!ご飯まで追加したくなります。揚げ麺のトッピングは別にサーブ。

 

ここでちょっと、ホテルのファシリティをご紹介


3つのプール SERENITY | SPLASH | SPIRITUALITY LAGOON

3か所のプールいずれもオープン時間は7:00AM~8:00PM。写真は、深さも規模も最大ののスピリチュアリティ・ラグーンプール。ちびっ子連れは水深の浅い「セレニティプール」がおすすめです。


キッズルーム「PLANET TREKKERS」

オープン 9AM~12PM & 2:00PM~5:00PM ※ディープクリーニングのため毎日12PM~2PMはクローズ。


フィットネスセンター

フィットな休日にしたい人も安心の、充実マシン&機材。インストラクターによるレッスンは要予約です。


クラブラウンジ

クラブラウンジ付き宿泊ゲストは、アフタヌーンティーとイブニングカクテルはもちろん、オープン時間(11:00AM~9:00PM)中ずっとスナックや飲み物が無料です。チェックイン・チェックアウトや清算の手続きも、ここでコーヒーでも飲みながらゆったり待ちましょう。

 

そうこうするうち、日が落ちてきました

実は私たちの部屋も、扉を開けると夕日がこんなに美しく見えるロケーションだったんです。


 

では、「 INFINITI Restaurant 」でディナーと行きましょうか!

最終日のディナーは、雰囲気よく行きますか。海に沈む夕日、そしてエグゼクティブシェフMorten氏によるスタイリッシュな創作料理が楽しめる「インフィニティ」。新鮮なシーフードや上質なお肉のグリルを主体に、タイのテイストも絶妙に活かしたモダンヨーロピアンが揃っています。


どの席からも海が見渡せる素晴らしいロケーション。屋根なしのテラス席はさらに海が目の前。

まずはカクテルで乾杯!この日も美しいサンセットに恵まれました。


ああきれいだ。そして美味。(写真の料理)FRIED MINI BLUE CRAB CAKES(蟹肉のメンチカツ シチリア風野菜煮込み“カポナータ”とケイパー、アイヨリ、アボカドサルサ添え)、タイガー海老のグリル ミックスサラダ添え


シェフMorten Nielsen 登場!

メインはオーストラリアWagyuのグリルです。写真はこのホテルのエグゼクティブシェフMorten Nielsen氏。気さくでカッコええシェフいわく「ジューシーな肉と香ばしいローストガーリックは相性抜群なので、ぜひ一緒に食べて。さらに炭焼きレモンを絞ることでスモーキーで爽やかな風味が加わります」。


いい肉・絶妙な焼き加減・ハーモニーを奏でるサイド。う~んメッチャウマイ、言うことなし!

 

やっぱりラウンジに寄ってしまう

部屋に戻る前に、やっぱりちょっと寄ってく?てことでラウンジに。軽~くモクテルで一日を締めくくりました。「クラブラウンジ」のうまみ、一度知ったら多分やめられないと思うな~。

 

~3日目~

最後の朝食。“クロッフル”も作ってもらえた

シェフチームは常に、朝食にも新しい楽しみを色々と考えているそう。「日本の皆さんはこんなのお好きですか?」と、運んでくれたのが、フルーツいっぱいのクロッフル(クロワッサン∔ワッフル)。そりゃもう、お好きですとも!これからも新作でじゃんじゃん楽しませてください。期待してます!


卵料理コーナーのエッグベネディクト。「これあるのに頼まんとか、どーかしてる」と、相方が言うので、作ってもらいました。朝のビュッフェも手抜きなく、すべてクオリティの高いものを出していますね。

 

今まで何十回と来ているパタヤだけど…


いざさらば。最後と思うと、花までも愛おしい。


帰りは玄関までカートで送ってもらいました。ありがとう、親切な皆さん、お達者で!

何もかもが別次元だった今回のパタヤの旅。そんな遠くに行かずとも、極上のビーチリゾートが近場で満喫できること、ぜひ知っておいてください。バンコクに住んでる楽しさが、大幅にUPしますよ!


ホテルのサイト:https://pattaya.intercontinental.com