akyra トンロー宿泊体験記

Updated: Aug 1

akyra Thonglor Bangkok

1泊から長期滞在まで。クオリティにこだわるアキーラのシティリゾートステイ

 入国制限もほぼなくなり、ついに日本の皆をバンコクに呼べる!さて、どこに泊まってもらう?そこでご紹介するのが、今回ステイを体験したakyra Thonglor(アキーラ・トンロー)。1泊から中・長期滞在まで用途に合わせた部屋を完備。ホスピタリティにも定評があります。また、トンローきってのお洒落モールEight Thonglorと隣接しているのも強みで、人気のヌードル店Thong Smithをはじめとするハイソ系カジュアルレストランや、24時間営業のスーパーFOODLANDもあるので「どっこも行きたくないなぁ~」という時にも大助かり。バンコクを訪れるご家族やお友達におすすめできる一軒です。


~お部屋~

今回泊まった「プレミアルーム」は、61㎡と広々。リビングと寝室に分かれたスイートタイプで、大型スマートTV、ダイニングテーブル、バスタブなど、部屋でくつろげる設備が揃っています。

大型スマートTVが寝室とリビングに1台ずつ。日本の民放局も選べる。

お客さん4人くらい呼べる広さのリビング。エスプレッソコーヒーメーカー付きなのもナイス。

大理石フローリングのバスルーム。お風呂の深さ、お湯の出具合も申し分ありません。


〜マッサージ〜

SPA SUITES(10階)

トリートメントルーム1室のみ、メニューは古式とアロマの2種のマッサージのみの、プライベートな施設。宿泊客がリピートするだけあって、技術は極めてハイレベル!体験したタイ古式マッサージは、一瞬たりとも手を休めず、黙々とひたすらに揉み解してみっちり1時間。効いた~!と実感したのは2日目から。身体にダルい箇所が一つも無くなってた!

★遅くとも1時間前までに予約が必要。尚、お部屋でも受けられます(以下と同料金)

●料金(税サ・込み)

・タイ古式マッサージ 60分 988バーツ/ 90分 1,199バーツ

・アロマテラピーマッサージ 60分1,299バーツ / 90分1,888バーツ


〜ラウンジ〜

アールデコ調の内装がゴージャスな雰囲気の10階のラウンジ。新聞を読んだりPCワークなどができる共用スペースです。温かいコーヒーやティーが無料サービスされるほか、アフタヌーンティーなども楽しめます。


イタリアン・タパス “ Cicchetti ”

ラウンジの注目メニュー “チッケッティ”は、ワインによく合うヴェネチア式の小皿料理。Ottoのシェフが手がけるだけあってホント美味しい!そしていろいろ揃ってます(1品100B)。ワイン(グラス)280++B~やシンハ(瓶)120++Bカクテル250++B~などと共に、くつろぎの“ちょっと呑み”を楽しみたいですね。


〜 プール 〜

屋外プールはレストランと同じ11階。ビーチパラソルに寝そべりながら冷たいドリンクなどが楽しめます。

ジャグジーに浸かりながらバンコクの街を眺めましょう。ああ、もう夏ですね。



~ 朝食 ~

Otto Italian Restaurant

朝食は11階のイタリアンレストラン「オットー」で提供。ルームサービスもできます。

好きなだけ注文できるAll You Can Eat式のビュッフェ。日本語メニューを出してくます。「卵&トースト料理」からは、スクランブルエッグやハムなどを満載した「ブレックファスト・オープンサンド」と、濃厚クリーム感がとてもリッチな「エッグベネディクトwithサーモン」を選択。「スイート」のセレクションもありまして、ふわふわパンケーキをいただきました。フレンチトーストとベルギーワッフルも捨てがたかったけど!もちろん、もっと食べるなら、お替りOKですよ。どれも出来立てほかほかで美味しかった!


~フィットネスルーム~

10階のラウンジの隣はフィットネスルーム。ジムだけで会員募集してもいいほど設備が整っています。今どきのホテルステイには、水着はもちろんエクササイズ用のウェアとシューズも欠かせません。

 

日本語を話せるスタッフがいるのでチェックインなどの際もスムーズ。BTSトンロー駅やEMQUARTIERへはシャトルカーが利用できます。出かけるにも、ゴロゴロするにも、便利で心地よく過ごせるこのホテルは、リピータにもタイに不慣れな人にも良い選択だと思います。


ホテルウェブサイト:https://www.theakyra.com/

予約等: TEL. +66 (0) 2 090 9000 Eメール: rsvn.akt8@theakyra.com