このビュッフェ、今バンコクで一番かな? ~マリオットマーキス クイーンズパーク「Gojiキッチン」~  


4、5月はイタリア探訪「ヴェネチア編」


海の幸いっぱい。水の都ベニスの料理を堪能

今、週末のマリオットマーキス・クイーンズパークが、バブルの再来を思わせるほど盛り上がってるって、知ってました!? それと言うのも「ゴジキッチン+バー」のディナービュッフェ。ありとあらゆるご馳走が揃っていて、無限フォアグラや無限Wagyuなんて序の口。しかもこのほどイタリアンのコーナーが大増設。5月末までは「ヴェネチアの旅」をテーマにした本場の美食が楽しめます。「本場の味を皆さんにぜひ。ビュッフェで盛大にイタリアンを振舞いたい!」というシェフ Stephen Doe氏の熱意で実現した企画です。


~ヴェネチア名物アンティパスト①~

新鮮なイカはベネチアを代表する食材の一つ。「Seppia Alla Griglia 」は、イカの丸ごとグリルに、レモン、焼いたイタリアンチコリー、甘酸っぱいレーズンソースを添えて。香ばしくていくらでも食べられそう。


~ヴェネチア名物アンティパスト②~

ブッラータ、24か月熟成プロシュート、イチジク、茄子のディップとバルサミコ添え。注文ごとに生ハムを主シューっとスライスして1皿ずつ仕上げてくれる。


このようにプロがシュシューッと削ってくれる生ハムです。


~ヴェネチア名物アンティパスト③~

「バッカラ・マンテカート」は、干し鱈のムース風ディップ。トウモロコシ粉をお粥状に練った「ポレンタ」のケーキを添えてある。ヴェネチア地方ではソウルフード的な料理なんだって。


~ヴェネチア名物 イカ墨パスタ~

イカ墨パスタもベネチアが発祥の地。これは海鮮とトマト、イカ墨のソースを極太のBigoli(ビゴリ)にからめた、シェフ自慢のベネチア式パスタ。真っ黒な色に反してテイストは軽く、素材の持ち味が生きています。


こんな極太なのにソースとよくなじみ、そしてモチモチです。


~ヴェネチア名物 グリンピースのリゾット~

ヴェネチア伝統料理 [Risi e Bisi」は、グリンピースたっぷりのリゾット。注文ごとに、鍋をグラグラ煮立ててぱぱっと作ってくれる。シンプルなのに最高の味に仕上げるのがイタリアの凄いところですね。


~ヴェネチア名物 シーフードたっぷりピザ~

もちろん焼きたてのピザも。海の幸が豊富なヴェネチアならではのペスカトーレです。

 

~インターナショナル~

レギュラーの各国料理も盤石の布陣。バラエティ、クオリティ、そして「すべての料理を出来立てで」をモットーに、ほとんどのコーナーがライブ調理。食事客に負けないくらい大勢のシェフが出ていてすごい活気です。これぞ贅沢!


~オイスターバー~

生牡蠣は旬のものを揃えています。この日はフランス産、アイルランド産、チョンブリ産の3種。シェフが厳選しているだけに、タイ産オイスターもオツな味でしたよ。

新鮮で美味!オイスターマニアはこのコーナーだけで足止めを食らいそう。


~シーフード&寿司・刺身~

静かな一角ながら、海鮮と寿司・刺身のコーナーは、タイ人客ならチェックを欠かしません。

握りも巻きも、美しく丁寧な仕上がり。1個1個が小ぶりなので、軽く前菜として楽しめるのが良い。


ロックロブスター、カニ、海老、季節の貝類の盛り合わせ。


~フォアグラ お替り無制限!~

「絶品」と評判のフォアグラ。注文が途絶えないので、シェフはひたすら焼き続け、待ち時間ほとんどなしで熱々をサーブしてもらえます。


~ステーキのコーナー~

注文に応じてカットし、好みの焼き加減で仕上げてくれます。ビーフプライムリブの他、トマホークステーキや骨付きラムなど3種の極上ミートを用意。ソースとコンディメントも多彩に揃います。


~本日の魚料理スペシャル~

メニューは日によって替わり、スズキの塩釜焼きとかもあるそう。この日はサーモンウェリントン(サーモンのパイ包み焼き)にペシャメルorトマトのソースを添えて。


~西洋版おふくろの味、じっくり煮込みシチュー~

オーソドックスな西洋ホットディッシュのコーナー。ビーフシチューやミートボールなど、タイ人は素通りしても、日本人なら足を止めてしまう、なつかしの洋食系です。


~大人気シェフが作るインド料理~

在住の金持ちインド人からも大いに支持を集め、結婚式やパーティーの出張も引っ張りだこ。大人気シェフの料理は、手間と時間を惜しまず、すべて手作りする本格派です。


タイ料理も~バラエティ豊か!


~A5霜降りビーフは必食。「潮州式しゃぶしゃぶ」~

霜降りA5のオーストラリア産Wagyu が選べる、名物 “潮州式”しゃぶしゃぶ のコーナー。濃~い出汁と極上ビーフのとろける味わいがとてもとても美味です。


◆ 季節限定「カオチェー」

4月中は特別料理として「カオチェー」も登場。味というより風流な季節感を楽しむ正月料理で、単品で頂くとけっこうお高いですよー。なので、ビュッフェに出てくる今がチャーンス!


一つ一つ手間ひまかかったカオチェーのおかず色々。現代ではめったに食べる機会のない伝統食で、フム、面白い味だ!と私は思います。


◆炭火焼きコーナーのコームーヤーン、うまし!

ホテルの最新式キッチンなのに、炭火の焼き場を設けているとはエライ!だってコームーヤーンは炭火に限るもんね~。すごく香ばしくて脂身の付き具合も文句なし。ブタもイカも牛も、炭火で焼かれてあゝうまい。


デザートの魅力にはやはり勝てない

もー入らんわ、ごちそう食べすぎたわ、と思ったところに、こんなデザート天国を見せられたのでは…!

色んなスイーツがショーケースにズラリ。すべて食べ尽くすなんて絶対に不可能なのに、なぜこんな魅力的なものばかり並べて私を悩ませるの? 素晴らしいビュッフェって、ある意味、憎らしいですよね。


ティラミスやジェラートなどイタリアンデザートも。手前左はヴェネチア伝統の揚げ菓子「fritole alla Veneziana」


チーズも色々

輸入チーズも豊富。コールドカットと共に自分流の豪華チーズボードにアレンジするのも楽しい。甘党じゃない人はデザートにも良いですね。

 

~~ 料金 ~~

そろそろコロナ明けということで、バンコクのホテルが軒並み値上げしている今、この圧倒的な内容を考えると、料金はかなり良心的です。その証拠に、取材日の金曜の夜はタイ人客がわんさか訪れて、ほぼ満席になっていました。ヴェネチアフェアは5月末まで。ほんっとうに豊かな気分になれますよ~。

金・土曜ディナー(17 : 30 - 22 : 00)  土曜ランチ ( 12 : 00 - 14 : 30 )

サンデーブランチ ( 12 : 00 - 14 : 30 )

●予約:📞02-059-5999 または

Eメール restaurant-reservations.bkkqp@marriotthotels.com

バンコクマリオットマーキス・クイーンズパークホテル

Soi 22 Sukhumvit Road  

★ベンジャシリ公園を通り抜けて入ることができます。